読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストウブでマースカレーなるものを作ってみた

マースカレーってご存知ですか?

 

オリエンタルという会社のマースカレー

 

百貨店で「懐かしのマースカレー」として実演販売していたので、興味本位で買ってみました。

 

懐かしいというのは昔ブームだった時代があったらしいのと、オリエンタルが名古屋の会社で中部地方では昔からメジャーなカレーだったそうです。

 

そんな訳で、今回はストウブでカレーを作りました。 
 
材料:
カレールー、玉ねぎ、じゃがいも、にんじん、肉、水
ストウブ ココット ラウンド 20cm を使用
 

マースカレーの全盛期を知らなくとも、

パッケージの雰囲気は「懐かしい」感じが満載です!

雰囲気も何だかボンカレーっぽいですね。 

f:id:specide:20150330201228j:plain

 

 

パッケージ裏面には、マース(MARS)の説明がありました。

 
マース(MARS)Mango Apple Raisin Spice:
「マンゴ、リンゴ、干しぶどうを主原料に、本場のスパイスをブレンドしたオリエンタル独自のマースチャツネ。
フルーツのほのかな酸味と上品な甘みに、スパイスの辛さがほどよく溶けあって、材料の旨みとまろやかさを引き出します。」
まあ、これを見るとウスターソースみたいなものですね。

f:id:specide:20150330200758j:plain

 

パッケージを開ければ、

今や固形でないのが珍しい、粉末のカレールーと容器入りのマース

f:id:specide:20150330200809j:plain

 

 

 

①それでは始めましょう。

サラダ油で玉ねぎを炒めます

f:id:specide:20150330200847j:plain

 

 

②玉ねぎはよく火を通しましょう

f:id:specide:20150330200858j:plain

 

 

③火が通りアメ色になってしんなりしてきたら

f:id:specide:20150330200911j:plain

 

 

④じゃがいも、にんじん、肉(今回は冷蔵庫のベーコンで代用)を入れ

f:id:specide:20150330200922j:plain

 

 

⑤よく炒めて火を通します

f:id:specide:20150330200933j:plain

 

 

⑥パッケージに記載された分量の水を入れ煮込むと、かなりアクが出るので

f:id:specide:20150330200943j:plain

 

 

⑦丁寧に取り除きます

ここでチャツネを加え煮込むのです

f:id:specide:20150330201007j:plain

 

 

⑧最後は粉末のカレールーを少量ずつ入れていきます

f:id:specide:20150330201018j:plain

 

 

⑨ダマにならないよう何回かに分けて溶かしていきます

f:id:specide:20150330201030j:plain

 

 

10. いい感じにカレーが出来上がりました

美味しそうな色合いです

f:id:specide:20150330201042j:plain

 

 

11. やさしい味がする昔ながらのカレー

なぜかホッとする味がします

f:id:specide:20150330201053j:plain

にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
にほんブログ村