読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春の陽気に誘われて〜横浜のぶらり旅:関内エリア part3

さて、一泊して体を休め、翌日も馬車道界隈を探索しました。 

 

f:id:specide:20150401213647j:plain

 

 

馬車道は道沿いのポールまで馬のデザイン

f:id:specide:20150401213708j:plain

 

 

 

横浜第二合同庁舎

旧横浜製糸検査所の外観(赤レンガ)を復元した造り

f:id:specide:20150401213718j:plain

 

 

神奈川県立歴史博物館(旧横浜正金銀行本店)

f:id:specide:20150401213735j:plain

f:id:specide:20150401213827j:plain

 

 

あまりにも威風堂々とした佇まいに圧倒されます

f:id:specide:20150401213849j:plain

 

 

日本興亜馬車道ビル

f:id:specide:20150401213859j:plain

 

 

 

お昼は、馬車道にあるタイ料理バイキングのチャンパー

 

久々の新規開拓です。

この近辺にもタイ料理のお店がたくさんありますが、気分がバイキングだったので。

 

リッチモンドホテル横浜馬車道の1Fに店舗を構えており、

店内も清潔でおしゃれな雰囲気

f:id:specide:20150401213914j:plain

 

 

朝、昼、晩と全てバイキングメニューでしたが、お昼は一人1,030円

 

一番のオススメはこれ!

自分でセンレックを30秒ほど湯がいて作るタイプ

鶏ガラスープがすごく美味しい

f:id:specide:20150401213928j:plain

 

 

ちょっと辛めバージョン

f:id:specide:20150401213941j:plain

 

 

前菜

左はソムタム風サラダでしたが、パパイヤの代わりに大根の千切り(笑)

f:id:specide:20150401213955j:plain

 

 

実はこれまで、現地で安く手軽に食べられるタイ料理が、なぜ日本では高いのか、疑問を感じたこともありました。

 

しかし、素材自体が異なるので、この大根の様に日本で入手出来る素材を代替すれば別ですが、全部輸入していたら大変なコストになります。

 

現地と同じ材料、同じ味を日本で追求すれば、その分コストに跳ね返ってしまうのは当たり前ですね。

 

ソムタム風大根サラダを食べながら「みんな大変なんだなぁ」と実感した次第です。

 

 

 

料理は生春巻きや蒸し野菜に、なぜか天婦羅も(でも味は良かった)

f:id:specide:20150401214008j:plain

 

 

 

レッドカレーとグリーンカレーの相盛り(お米はジャスミン米)

f:id:specide:20150401214021j:plain

 

 

 

カオパット(タイ風チャーハン)と

パッタイ(タイ風焼きそば)の麺はセンヤイ(平打ち麺)

f:id:specide:20150401214031j:plain

 

 

ココナッツタピオカ

f:id:specide:20150401214043j:plain

 

 

デザートのゼリーが美味しかった

f:id:specide:20150401214053j:plain

 

 

リーズナブルな値段からすれば、お店の雰囲気や清潔感、料理の味とも満足です。

 

お昼時でお客さんも多くかなり賑わっていました。

 

本格的なタイ料理を求めるとちと厳しいが、気軽に安価で食べられる。

 

こういうお店がタイ料理のビギナーやファンを増やしているのです。

ガンバレ!

にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
にほんブログ村