読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾まぜそばというものを初めて食べてみた!!

皆さんは台湾まぜそばというものをご存知でしょうか?

 

 

私、友人に誘われるまで全く知らず、どんなもんかワクワクしながら行ってきました!

 

こちら麺屋こころ台湾まぜそばの専門店

 

台湾まぜそば 肉入り 990円

f:id:specide:20150925210746j:plain

いや〜

これは美しい!!

ビジュアルクイーンですね

 

もうちょいアップでもう一枚!

九条ネギ、ニラ、台湾ミンチ、海苔、角煮、鰹節粉、卵の黄身のコンビネーション!

この角煮のないバージョンが普通の台湾まぜそば780円

f:id:specide:20150925210754j:plain

 

お店の中には食べ方の説明が書かれた手書きポスターが貼ってあり、

1. 目で見て楽しむ

2. 全部を混ぜる

3. 食う食う食う!

4. 昆布酢を掛け味の変化を楽しむ

5. 食う食う食う!

6. 追い飯を入れる

7. 食う食う食う!

8. 大きな声でごちそうさまと言って店を出る

みたいに書かれていたので(記憶では)、必死でマゼマゼしました。

 

太麺なので、重くてかき混ぜるのも一苦労、かなり大変な作業です。

 

何割かの方は、ここで力尽き脱落しかねないほどの筋力が必要とされます!

翌日は乳酸が溜まって筋肉痛の恐れすらあります。

f:id:specide:20150925210807j:plain

 

そして一口、、

麺が温かくて歯ごたえがモチモチしてて美味しい!(・∀・)

 

色んなフレーバーが混ざり合い、台湾ミンチのピリ辛もいい感じ。

 

飽きないように、途中で昆布酢を掛けて味の変化を楽しむというのも良いですね!

 

これはクセになる人が続出するのも頷けます。

 

 

角煮の状態もマズマズですた。

脂身が完全にゼラチン化してるものと、その手前の状態のものとが混在し、角煮マスターの私からしてみれば「お主、まだまだ青いな」というところは否めないものの(なぜか上から目線、爆)、まずまずのレベルと言えましょう。

tenten030.hatenablog.com

 

 

欠点を上げるとすればしょっぱいこと。

 

これは「味がイマイチ」の意味ではなく、純粋に塩辛いということです。

(日本語もすっかり難しくなりましたね〜...( ¨)遠い目)

 

正直かなりしょっぱいです、 orz ・・・・

 

頻繁に行くようであれば、真剣に塩分摂取量を気にすべきレベルです。

 

このあたりはラーメン二郎しかりで、インパクトを出すためチカラ飯(ドカタ飯)系のお店の宿命なのでしょうか? (ノД`)

 

 

追い飯というのは、最後に残ったスープに少量のご飯(無料)を入れてもらって仕上げること

f:id:specide:20150925210818j:plain

そうです・・・

既に皆さんお気付きですね・・・

 

ここまで来るとほぼ拷問に近い状態になります(笑)

 

私、この日夜までお腹一杯の状態が続き、このお昼ご飯で1日の食事は終了しました。

人生オワタ\(^o^)/オワタ オワタ 

 

 

そして夜、

iPhoneの画面に

「あすけんで食事の記録をしませんか?」

のメッセージが・・・

 

 

だから全部記録してるっちゅうねん!

ってなぜか関西弁でキレそうになる(笑)

 

 

私が夕食をつけ忘れてると思って、あすけん様がご親切にも催促してくれるのです、

ありがたや〜

tenten030.hatenablog.com

 

 

最後にびっくりしたのが、もう一つあって

台湾まぜそばというものは、いつ台湾から日本に入ってきたんだろうとwikiを見たら、台湾まぜそばは、なんと名古屋めしにカテゴライズされていること。

 

ことの経緯はwikiでご確認下さい。 

 

 

知らずに食べてたのですが、、予期せぬ展開。

 

このところの名古屋めし続き。。。

tenten030.hatenablog.com 

tenten030.hatenablog.com

 

これは・・・名古屋が私を呼んでるのか??   (・∀・)ニヤニヤ

 

にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
にほんブログ村