読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストウブでぶり大根

ストウブ レシピ

今の時期はぶりの最盛期なので

ストウブでぶり大根を作りました

 

天然物のシールにつられて切り身を買ってみたけど、

養殖モノと並べて見比べたら違うのかしら?

 

 

そんな余裕は無かったので、早々に材料を確保して自宅 🏠  へ戻る

 

ぶりは美味しい魚 🐟  ですが、生臭さは強いので、、

いつものように塩を振ってしばし、、

f:id:specide:20170207154153j:plain

 

20分もすれば生臭さを伴った水滴 💧 が浮いてくるので

洗い流した後、熱湯に潜らせます。

 

f:id:specide:20170207154218j:plain

 

ここまでベストを尽くせば、思い残すことはないです(笑)

 

大根も下処理を行いますが

いつかのおでん 🍢 の時と同じです

 

材料:

  • ぶり 切り身3
  • 大根  適量
  • 醤油大さじ3
  • 酒大さじ3
  • みりん大さじ3
  • 砂糖大さじ1
  • 水 180ml
  • 生姜 適量
  • 長ネギ 適量

 

ストウブに下処理が済んだぶりと大根を入れ、

材料を全部投入してたら中火にかける

f:id:specide:20170207155309j:plain

 

ちなみに長ネギの、特に青い部分は香味野菜として

臭い消しの効果が高いので、よく知られた生姜と共にIN

 

沸騰したら弱火に変え、

f:id:specide:20170207155333j:plain

 

落し蓋をしたら

そのまま中弱火で20分程度

f:id:specide:20170207155347j:plain

 

煮汁が1/3くらいに減ったら完成!

 

f:id:specide:20170207155400j:plain

 

ところで!

 

今回はストウブのフタを開けっぱなしなので、

ストウブの特性が活かされないのかと言えば、

そんなことはなくて。

 

 

蓄熱性に優れたストウブですから、

火を止めた後も高温が持続し、

ゆっくりと冷めていきます。

 

この時に素材にじっくり味が染み込んでいくので、

他の鍋で作った時とは明らかに仕上がりが違うんです。

 

f:id:specide:20170207155509j:plain

 

なので、

煮込み料理@ストウブは、出来たてよりも、

翌日とかに再度温めて食べた時の方が破壊力が高いんです(笑)

 

 

 

もちろん、翌日の温め直しの際には これでもかとストウブのフタをします。

 

f:id:specide:20170207155446j:plain

はぁ、それにしても、ご飯 🍚 が欲しいっす

 

この季節にハズせないお魚料理ですね(・∀・)

 

にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
にほんブログ村