読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KALDIのビーフカレーはやっぱり美味しい!

ウチのお気に入りである

カルディ KALDI ビーフカレー 🍛

 

以前のバージョンに比べると

外箱のパッケージが付いて、

値段も少々上がりましたが、、

f:id:specide:20170225014519j:plain

 

でも、お味は変わらず美味しいのです

 

コーヒー  ☕️  で有名なカルディですから、

このカレー 🍛  には、隠し味にコーヒーが使われています!!

f:id:specide:20170309182804j:plain

 

レトルトパックを温めるだけで、

本格的な味わいのカレーが手軽に食べられます

f:id:specide:20170225014521j:plain

 

このように300円程度と安価なのに、

このように具材がゴロゴロ入ってて、

f:id:specide:20170225014539j:plain

特にビーフの柔らかさは特筆もの

 

市販のレトルトカレーを それほどたくさん食べた訳じゃないけど、、

評判になった銘柄など幾つか食べました。

 

 

その中においてもコスパはかなり高いので、

ウチのレトルトカレーはこれ一択です。

 

f:id:specide:20170225014559j:plain

スーパーで買ったお惣菜を温めてトッピング

 

牡蠣フライカレー 🍛 の出来上がり。

 

 

帰りは本屋さんによってカレー本を物色

f:id:specide:20170225014700j:plain 

 

そうなのです。。

 

日々カレー道を極めるっつうのも、、

こうして不断の知識習得が欠かせません。

 

 

なんせ

世の中に存在するカレーの種類は数知れず、

時代と共に新種の生き物、、

じゃなくて新種のカレーが登場するし、

 

札幌のスープカレーが首都圏に進出したり、

ホワイトカレーや焼きカレーってのもブームになりました。

 

 

このような変化の激しい

カレーの道に通じるには

厳しい修行や鍛練が必要になるのは必然なことなのですね。。

 

 

f:id:specide:20170225014702j:plain

とかいうのは冗談で

 

こちらは

本屋さんのディスプレイを模したレトルトカレー売り場! でした。

 

こうして並べられていると

どのメーカーも工夫を凝らして派手めで目立つパッケージが多いので、

少し目がチカチカしてしまいそうです(笑)

 

にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
にほんブログ村