読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランパスで羽根つき餃子

ランチパスポートでも

羽根つき餃子 がありました!

 

 

一般的に

羽根つき餃子の発祥は 東京・蒲田 と言われています。

 

 

なぜかと言えば、、

羽田空港に行くのに

浜松町からのモノレール 🚝  じゃなくて

京急(京浜急行電鉄)を使う方ならしっくりくるかも、ですが、

蒲田は羽田にとても近いエリアなんです。

 

 

だから、

毎日、空を見上げて

飛行機 ✈️  の翼を広げた雄大な姿に、、

 

 

そうだ、京都へ行こう。。  JR東海

 

 

ちと違うな。

 

 

そうだ、羽根を付けてみよう。。蒲田行進曲

 

と、なったのか?

定かではありませんが、、

 

 

 

まあ 言うても 

羽根つき餃子は蒲田 なんです!

 

 

あ、そうそう、豆知識ですが

JR蒲田駅のチャイムは、蒲田行進曲のメロディなんです。

 

 

そんな訳で

場所は蒲田じゃないけど、、

ランパスで羽根つき餃子へGO!

 

f:id:specide:20170225011446j:plain

水餃子まで付いてて

なかなか 整いましたー の外見です。

 

餃子マシンで作った焼きたてを提供されました。

 

機械で作られたせいで

仕上がりがキレイ過ぎて、

逆に味がない(テイストじゃなく雰囲気)感じがご愛嬌ではあるものの

f:id:specide:20170225011545j:plain

 

頂きましたところ、

これまた なかなか普通のお味がしました(笑)

 

で、焼きたてなのに、なぜかすぐ冷めてしまった。。

 

 

う〜ん、

これは素材のせいなのか?

焼き方のせいなのか?

 

 

リンクの 蒲田の名店 とは

味もアツアツの持続性も全然違う。。

この名店で食べた時には、

 

焼き餃子を噛んだ瞬間!

思いきり 肉汁プシャー

危うく隣のテーブルの人を直撃しそうになり、

 

ハラキリサムライしながら謝ったのも、

ついこの間のように思い出されます、、

月日が経つのは早いものどす。。

 

 

それを考えれば、、 

餃子って

同じような材料で、同じように調理するのに、

なかなか奥深いものなんですね〜

 

 

 

 

 

最近いろいろ大変なことになってそうな渡辺謙さんや、

カブトムシ&クワガタ ブリーダーの哀川翔さんみたいに、

ウチで自家製餃子を作ったりしないので(共にテレビで手作り餃子を披露してるのを見た)、

餃子の奥深さっちゅうものが、私には よく分からんとです。。

 

f:id:specide:20170225011623j:plain

 

私が過去にハイレベルの羽根つき餃子を食べたせいで、

ついついそれとの比較になってしまいましたが、

 

おかずの品数も豊富で、 なかなかお得感のあるセットになっていました。

 

にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ