読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストウブでなんちゃってフランス料理:サワラ(鰆)のムニエル

旬の魚

 

魚偏(へん)に春と書いて鰆(サワラ) 

 

今日は、ストウブでサワラのムニエルに挑戦しました。 

 

 

 

材料:

サワラ、クレイジーソルト(普通の塩でも可)、コショウ、バター、片栗粉、オリーブオイル、レモン

ストウブ ココット オーバル 27cm を使用

 

下準備:

サワラの臭みを取るために、両面に塩を振って30分程度置いて、水分が出てきたらキッチンペーパーで拭き取る。

f:id:specide:20150404171312j:plain

 

 

①サワラの両面にクレイジーソルトを振る(無ければ普通の塩でも代用可)

なぜクレイジーソルトかというと、ハーブが調合されているので臭い消しにも効果が高いのです。

意外なことに見た目の淡白さと異なり、サワラはけっこう生臭みがあるので、強引にバターで臭いを閉じ込めるよりは、丁寧に下準備をした方が良いのです。

f:id:specide:20150404171322j:plain

 

まずはクレージーソルトだけを振りかけます

この黒いのがハーブなんですね

f:id:specide:20150404171330j:plain

 

次に黒コショウも加えます

f:id:specide:20150404171336j:plain

 

②サワラの両面に片栗粉を絡める

小麦粉が一般的かと思いますが、片栗粉の方がカリッと軽い感じに仕上がるため。

原料は、小麦(小麦粉)と馬鈴薯(片栗粉)で違うものの、どちらでもOKです。

f:id:specide:20150404171352j:plain

 

③ストウブを中火にかけ、オリーブオイルを投入

なんかストウブ鍋底の質感がホントにいい感じなんですよね(by STAUBフェチ)

f:id:specide:20150404171346j:plain

 

④サワラの皮を下にして、少し焦げ目がつくまで両面を焼く

f:id:specide:20150404171358j:plain

 

ごめんちゃい、ひっくり返したから向きが上下逆になっています

f:id:specide:20150404171405j:plain

鍋を斜めにして、魚の皮の部分を下にして焼くとパリッと仕上がります!

 

⑤弱火に変えてストウブのフタをして蒸し焼き3分

これがふっくら仕上がるストウブのメリット

 

 

⑥バターを投入してサワラに絡めていく

フランス料理などという大それたものは作れませんが、なんだかそれっぽい、いい香りがしてきました

f:id:specide:20150404171411j:plain 

 

⑦全体的にバターが馴染んだら簡単ムニエルの完成!

f:id:specide:20150404171416j:plain

 

このパリパリの皮がまた美味しいのですよ

乾燥パセリで彩りを添えて・・

f:id:specide:20150404171421j:plain 

 

旬の魚をいただきましょう!

にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
にほんブログ村