読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都内にある地方のアンテナショップと直営レストラン

おいしいもの

以外に思われるかもしれませんが・・


東京のど真ん中、銀座界隈には


地方都道府県のアンテナショップが点在しているエリアでもあります。

 


銀座にほど近い こちら新橋にあるのは、

f:id:specide:20170101224408j:plain

愛媛・香川のアンテナショップ旬菜館


2つの県が合同でショップを出すのも珍しいですね〜

 

そのお店の2階には

「かおりひめ 」というお食事処が併設されています。

f:id:specide:20170101224221j:plain


店名の由来、分かります?

川と愛だからのシャレでやんす

 

 

せっかくなので、瀬戸内の美味しいお魚を頂きましょうということで、数年ぶりに訪問

f:id:specide:20170101224339j:plain

 

お目当ての 鯛めしとミニうどんセット は限定で売り切れ、

f:id:specide:20170101224459j:plain

 

とのことだったので

瀬戸内刺身定食 をオーダー

f:id:specide:20170101224610j:plain

メニューの説明には

天然の瀬戸内海の鮮魚の刺身四点盛り

と、

ひたすら接続詞の「の」が多いのが激しく気になるものの、、

 

刺身の後にも「の」が付いてなくて本当によかったばい、

 

と安堵しながら待つことしばし

 

f:id:specide:20170101224832j:plain

カツオに白身魚とシラス、錦糸卵の組み合わせ

 

 

ん?

今、書いてて気が付いた!

 

四点盛りは いったいどこに(笑)

f:id:specide:20170101225716j:plain

三点盛りになってた上にシラスってなんだよ(笑)

 

でも、この時の私は、

食後に下のアンテナショップで買い物することでも頭がいっぱいだったので、あまり細部まで気が回ってなかったのでした。

 

 

 

お刺身自体に特筆すべき感想はなかったけど、

セットのミニうどんは、

さすが「本場の手打ち」らしく、専門店でないのに充分なコシがあった。

 

けんちん汁は鳥のダシがよく出ていて、かなり甘過ぎたけど、優しい味だった

f:id:specide:20170101225911j:plain

お腹が満たされたことで、それなりに満足してお会計。

 

ただ、、数年前に来店した時と比べると出てくる素材のレベルは落ちて、

お店も閑散として覇気もなくなっているのを見ると、

お店を繁盛し継続させることの難しさっていうのがよく分かる。。

 

月日の経過というのは残酷なものなのねと感じてしまう訳で。。

 

さて、次回は

いよいよアンテナショップでのお買い物です(・∀・)

 

にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
にほんブログ村