読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀座でランチ@サント ウベルトゥス(・∀・)

お久しぶりの銀座なのであります。

 

エレベーターを降りて

煉瓦造りの迷路、、いや通路を進むと・・

f:id:specide:20170324214524j:plain

 

そこはイタリアン!

 

 サント ウベルトゥスでのランチ

f:id:specide:20170324214527j:plain

 

思わず口が回らなくなって、、

サンウェウェウェス とかになりそうですが、、

 

外国語は音読を繰り返して、

口に馴染ませるしか克服する術がないので、

ここはひとつ泣きながらリピートするのであります。

 

 

ところで

こちらのランチコース、

いろいろ種類がたくさんあって目移りしてしまいまする。。

 

 

このお店のウリの一つが有機野菜なので

トリニータ を選択

 

と言っても、

大分のサッカーチームじゃないんですが、、

 

トリニータ :有機野菜サラダとお肉料理のセット 1400円(税別)

 

最初に出て来ましたのは、本日のスープ

f:id:specide:20170324214531j:plain

 

具沢山のスープに

自家製コンソメの味付けが優しく、

f:id:specide:20170324214533j:plain

手作りクルトンもなかなかしっかりしてました

 

スープだけじゃなく、この後のサラダ 🥗 にも使えるように多めに提供されます

f:id:specide:20170324214534j:plain

 

お待ちかねの有機野菜サラダ

f:id:specide:20170324214528j:plain

野菜サラダだけで6種類もあって、、どれを選べば良いのやら・・

 

この日はシーザーを選択

「小田原から届く有機野菜たち。内容はいつも同じとは限りませんが、多い時には8種類くらい入っています。」

 

サラダの充実度もウリだけあって、さすがのボリューム

f:id:specide:20170324214552j:plain

 

ポテトチップスをこういう風に使うのも いい鴨(笑)

f:id:specide:20170324214555j:plain

でも、こだわりのお店だから、

たぶん市販ポテチじゃなくて自家製やも?しれません。

 

 

有機野菜の味の濃さは素晴らしい、

小田原スゲェみたいな、

f:id:specide:20170324214557j:plain

それに加え

脇役であるハムや卵が、これまたレベル高いです。

 

もはや前菜というよりメインの一品みたいな。

 

 

自家製パン

f:id:specide:20170324214532j:plain

割に控え目で素朴な味わいですが、主張し過ぎずなかなかいい感じ。

 

 

お次は、いよいよメイン

 

お肉料理は8種類の選択肢、

若鶏、軟骨肉、宮崎県産ポークモモ肉、讃岐コーチン、の4種類が標準(追加料なし)ですが、

 

プラス330円のホホ肉が良さげに思えたので、

そちらをチョイス

f:id:specide:20170324214530j:plain

 

宮崎県産ゲシュマックポークホホ肉のビール煮フランドル

f:id:specide:20170324214559j:plain

 

ほう、それにしても

見たことのないビジュアルです。

 

「フランス料理にある、ビール煮をアレンジした煮込み料理です。人気のあるホホ肉をビール 🍺 で煮ることで、とても柔らかく仕上がりました。」

 

 

ゲシュマックポークって知らなんだですが、

 

思わず

ワシはゲルマンじゃけんのう〜

と言いたくなる感じでしょうか。

 

 

じゃがいも 🥔  を輪切りにして揚げるというのもなかなか斬新な試み

f:id:specide:20170324214602j:plain

超分厚いポテトチップスか、みたいな。 

 

今の時期には贅沢。

 

 

北海道は中山峠の揚げいもを彷彿させるホクホク感が、かなり美味しい(・∀・)

 

野菜たっぷりの下に隠れてたホホ肉

f:id:specide:20170324214608j:plain

 

こういう繊維で見ため通りしっかりした肉質でしたが、

f:id:specide:20170324214609j:plain

よく煮込まれて柔らかく仕上がっていました、満足。

 

 

 

最後はコーヒー ☕️ で締め

f:id:specide:20170324214610j:plain

 

銀座の真ん中の8階なので、

周りはビルディングだらけなんですが、

 

落ち着いた店内でのランチは、ほっとするひとときなのでした(・∀・)

 

にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
にほんブログ村