読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近のおいしいもの:おせんべいが好きな人は手を上げて!  ( ゚д゚)ノ ハイ!

私はおせんべいが大好きです(・∀・)

 

スーパーなんかで手軽に買えるものから老舗ものまで、いろいろ手を出した中で結構好きでリピートしてるのが播磨屋本店さん

 

総本店は兵庫県らしいのですが、いつも行くのは東京店

 

最寄りは虎ノ門駅

周りの近代的な高層ビルに囲まれるように、

旧文部省の古い建物だけが異彩を放つ・・

レンガ造りの建物って、年季が経ってもエイジングされただけの味があって素敵ですよね〜

f:id:specide:20151022230041j:plain

 

老舗っぽい雰囲気たっぷりの東京本店

なんと都会のど真ん中に竹林が!

f:id:specide:20151022230044j:plain

 

しかもこれ、本物ではないですか!

手入れが大変だったりはしないのかなー  

しかし、、、タケノコは生えておらんぞ  (((((っ・ω・)っ

f:id:specide:20151022230049j:plain

 

このお店の中にはカフェ(少額でおせんべいを購入して無料コーヒーと一緒に楽しむ)もあるのだけど、私はわき目も振らずにショーケース奥の購入カウンターへ ↓

f:id:specide:20151022230103j:plain

 

昔は本当に無料でおせんべいを出すFREE CAFEだったけど、さすがに知られるようになってからは東京の大人数を捌くのは困難だったようで、良心的な200円ですが「おかきセット」を有料に変更していました。

 

でもこの商法、自分とこの おせんべいに自信がないとできないですよ〜。

だってカフェでおせんべいと無料コーヒーで帰られたら目も当てられなくなってしまう。。

 

 

 

贈り物(箱入り)じゃない場合には、こちらのエコパック1,080円 がオススメ

なんと全16種類入りなので、いろいろな種類のおせんべいを食べられます

f:id:specide:20151022230125j:plain

 

人気ナンバーワンの朝日あげ

f:id:specide:20151022230130j:plain

 

揚げせんと言っても油っこいわけではなく軽い食感でサクサクしてる上に、甘さが絶妙で美味しいのですYO!

 

べストセラー「歌舞伎揚げ」を上品に昇華させた感じでしょうか。

さすが人気ナンバーワン! この照り〜!

f:id:specide:20151022230138j:plain

これはクセになる美味しさです!!

クセになるってどういうことか分かります?

 

かなり昔に名古屋の喫茶店の店主が、自分の店のコーヒーに覚醒剤を入れてお客さんに提供したとして逮捕(自らも使用)された事件がありました。

「喫茶店のリピーターを増やしたかった」と供述

とのことだったけど、、

 

いくら名古屋の喫茶店のモーニングがサービス満点とはいえ

あんた、どう考えてもコーヒーの原価割れしてんでしょ!!

お客さんが入れば入るほど赤字が増えてく・・

てか中毒者には親切な人になってるし・・

不謹慎ながら、思わずプッと吹き出しそうになるけど、この思考回路がクスリの怖さなんでしょうね。

 

 

ちなみにココのおせんべいは、そんなモノに頼らずに、おせんべいの実力だけで脳内からドーパミン(快楽物質)が分泌されてクセになるという逸品でごわす。

 

f:id:specide:20151022230146j:plain

 

美味しそうに見えますかー!!(・∀・)

ここのおせんべいはレベルが高いのです、これホント。

f:id:specide:20151022230151j:plain

 

このお店は

日本一おかき処 播磨屋本店さん

f:id:specide:20151022230113j:plain

ん・・?

上のパンフレット表紙に・・

ちょっと気になる文字をハツケン!した方もいらっしゃるやもしれません。

 

( ̄ b ̄) シーーッ!!

世の中には触れてはいけないものというのがあるのです。。

見なかったことにしてください!!

 

 

 

 

ホームページには「無料お試しセット」もあります  ↓

ご興味ある方はどうぞ!

 

ですが、 

ホームページの下の方は決して見てはいけません!!

 

そこには旗を織る鶴が・・・

 

というか、私はその現実からいつも目を晒(そら)しています(笑)

www.harimayahonten.co.jp

 

 

だって、おせんべいは本当に美味しいんだから。。。(´Д⊂グスン

  

にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
にほんブログ村