読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近のおいしいもの:ちらし寿司 と すごい煮干しラーメン凪

最近のおいしいものは・・

ダントツでこれでした!

 

f:id:specide:20150614210904j:plain

 

 新鮮なネタがてんこ盛りのちらし寿司

 

呼び名の由来は、酢飯の上にいろんな具材を散らして作ることからきているそうです。

 

美味しいお寿司を食べている時「日本人に生まれてよかった!」と実感するひと時ですよね。

 

神奈川の川崎で出会ったお寿司でしたが、お店の名前を忘れてしまった・・スマヌ

 

 

 

いいや、寿司なら北海道!という主張もごもっともです。

 

私も旅行で行くとその美味しさにびっくりします。

 

しかし、関東のお寿司も捨てたものではありません。

 

 

東京には全国から美味しいものと職人さんが集まるので、贅を尽くせばいくらでも美味しいものは食べられる。

 

しかし価格もそれと比例する訳で、庶民の口に入りにくいレベルで提供されても意味はない。

 

でも、

どこでも探せばあります、コスパの良い美味しい食べ物が。

 

ちなみに北海道の知人は、東京に来てお寿司屋さんでボイルされたエビを見て唖然としたと言っていました。

 

北海道と違って鮮度がもたないからボイルする?

 

いいえ、それは違います。

 

江戸前寿司のエビはボイルすることで甘みが出て美味しく食べられるから、という訳です。

 

現に関東でも小さな甘エビなどは生で提供される訳ですし・・

 

 

 

北海道のボタンエビは、そのままで甘みもありますしね。

 

確かにあれをボイルされたら暴動が起こるレベルですよね。

 

それから札幌で食べたブドウエビというのもかなり美味しかったです。 

ホントのブドウのような色をしてましたが、写真を撮ってなかったのが痛い。

 

 

 

 

渋谷のすごい煮干しラーメン凪

f:id:specide:20150614211143j:plain

お店の名前がすごい煮干しラーメン凪で、

場所が渋谷にあるというお話です。

 

渋谷警察署の裏手の方です。

 

そこのメインのラーメンがすごい煮干しラーメンです。

 

一杯のラーメンに煮干し50gを使用し濃厚かつ丁寧に・・って書いてあるとおり濃厚でした。

 

出汁はすごい出ていて

思いっきり煮干し!って感じですが、味はかなりしょっぱいです。

 

しょっぱいというのはダメの意味ではなく(日本語も難しくなりましたね!)、塩辛いの方です。

 

なので、しょっぱいのを除けば美味しいです(だんだん日本語が不自由になってきた!)

 

 

麺が太い手揉みちぢれ麺で、上にかけてあるラー油みたいなのがイワシエキスをベースにした海の辛銀だれ(ピリ辛ダレ)です。

 

さらに、このピリ辛ダレの下にあるのが手揉みちぢれ麺なのではなく、これはワンタンみたいないったん麺というものが麺の上に乗っています。

 

 

まあ、しょっぱい、しょっぱい、書いてるように私は関係者ではないのですが(笑)

いろいろウンチクがあるようなので、詳細はお店のホームページでご確認ください。

www.n-nagi.com

 

それにしても、 

煮干しでかなり良質の出汁が出ているのだから、あそこまでしょっぱくなければもっと良いと思うんですか・・・

 

後半になってくると塩分が効いてダメージが蓄積してきます。。

 

 

 

でも、ラーメン美味しかったです!

 

ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
にほんブログ村